粉雪病集まれ

Aosta郊外のCastle内のボナッテイ記念館を訪ねる

2015年7月21日 やっとのことでGressoneyの谷のLysjochホテルに戻ったが、昨日の
モンテローザの下りで、クレバスを飛び越えた際に,また右ひざを痛め、激痛で歩けない。
ガイドのLucaがAosta 市内の整形外科を予約した。Aostaはローマ帝国の初代皇帝のアウグストスが北の守りを強化するために開いた町で、その後サボイア侯国領となった、ローマ時代の遺跡が残る美しい街だ。
c0242406_8293196.jpg

診察が4時なので、それまでの時間をつぶすため、高速道路でAostaからトリノ方面に向かいGressoney手前の左手に見えるCastleの中にあるボナッテイ記念館に向かった。
c0242406_1032160.jpg

c0242406_1034259.jpg

Castle内は急なのでこのようにケーブルカーで上に登るんだ
c0242406_16312523.jpg

上から見下ろす景色も最高
c0242406_1633877.jpg

ボナッテイは、冬期マッ-ホルン北壁単独初登攀をした史上最も優れたクライマーだった。
ボナッテイの本からの彼のマッターホルン北壁冬期初とはんルートである
c0242406_1792527.jpg

c0242406_17163159.jpg

今は麓の町ツエルマットではこのようなマターホルンルート図が絵葉書で売られている。
赤い線がヘルンリ稜の一般ルート、白い線は北壁ルート、黄色い線がボナッテイの北壁ルートだ。
c0242406_12184061.jpg

ヒマラヤで最も困難とされるK2登山隊に参加したが、人間関係に傷つき、その後は世界中の文化や自然を紹介することがライフワークとなった。イタリアの美人女優のポデスタと結婚し、クルマイユールに山荘を所持していることから我々の友人のモンテサーノと親友となり、その縁で竜も大倉も友人となったのだ。
c0242406_8182138.jpg

ボナッテイの作品の写真集を買い求めた
c0242406_1710436.jpg

今は亡きボナッテイの作品を堪能して、このCastleを後にした
c0242406_16444147.jpg

その後訪れた整形外科で、血液交じりの膝関節液を30ml抜いてステロイドと局所麻酔剤を注入したら、あら不思議たちどころに痛みが消失し、歩けるようになった。これで明日は4200mのCastoleに登れるぞと、嬉しくなりホテルで祝杯を挙げたのは言うまでもない
[PR]



by muneryuu | 2015-09-09 16:52 | Comments(0)

一度かかると治らない難病。だけど楽しい嬉しい山スキー。
by muneryuu
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

お気に入りブログ

最新のコメント

先生、相変わらずステキな..
by おなぎです。 at 18:35
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 19:49
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の自己pr at 12:54
Hi! I know t..
by ゴルフショップ at 00:20
とても魅力的な記事でした..
by 趣味一覧 at 03:37
극우 일본보수주의자의 ..
by 연예인노출 at 02:23
山登りの後のお酒は格別お..
by keiko19633 at 20:52
こんばんは テレビでロシ..
by keiko19633 at 20:51
おかえりなさーい! す..
by ミホ at 01:01
無事に楽しめて良かったで..
by keiko1963 at 01:11

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2018年8月17日 旭山動..
at 2018-09-22 10:06
2018年8月25日 谷川岳..
at 2018-09-22 10:06
2018年7月13日 北海道..
at 2018-07-24 17:52
2018年6月1日右膝変形性..
at 2018-07-05 18:15
2018年4月7日、田中眞一..
at 2018-07-04 15:52

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧