粉雪病集まれ

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧




粉雪病におすすめ。春は白馬栂池金山沢

金山沢は白馬大池から白馬岳に向かって一登りの船窪の頭から、白馬尻に向かう幅広い沢である。アプローチが栂池から3時間程度と短いのと、雄大な景色の中、急斜面も緩斜面もある多彩なコースを堪能できる、お勧めコースである。3月の連休前は栂の森スキー場からのシール登りになるが、連休後は自然園までロープウエーが開通するのでこの時期がおすすめ。
 まだ営業していない栂池ロッジを横に見ながら、白馬乗鞍岳の下、自然園を横切りながら2300m台地を目指す、楽しいシール登りだ。
c0242406_14142857.jpg

正面が白馬岳、その右が小蓮華岳、そして船窪の頭だ。
c0242406_1415022.jpg
c0242406_1415626.jpg

船窪の頭からの支稜を目指して登っていく。
c0242406_1416079.jpg

広々とした斜面で楽勝のように思えるが、ひとたび猛吹雪になると、遮るもののない。目印も無い広い斜面なので、大量遭難になりやすい危険地域でもあるのだ。天候の急変に備え、我々グループでは。晴れていてもダウンの防寒具の上に、上下ゴアテックスの雨具の着用が鉄則だ。
c0242406_14192981.jpg

急斜面がないので、ボーダーもシノーシューで登りやすいのも人気の一因つかな。
ボーダーの安丸一重も調子が良い。勿論はるか後ろは真家夫婦だ
c0242406_14204558.jpg

2300m台地でシールを外して滑走準備。
c0242406_14235696.jpg

目の前には、我らのホームゲレンデ八方尾根から不帰、天狗、白馬鑓、杓子、と連なる山々が。
c0242406_14255523.jpg

サアいよいよ滑るぞ!広い斜面は我らのものだ!最初はボーダーの一重。
c0242406_14264044.jpg

ブレーカブルクラスともなんのその、真家晴子
c0242406_14295240.jpg
c0242406_14302117.jpg
c0242406_1431044.jpg

優雅な増山茂
c0242406_14311965.jpg

真家雅彦も負けてないね
c0242406_14314057.jpg
c0242406_14315979.jpg
c0242406_14321513.jpg

いつもはこの辺は雪崩で埋まっているのだが、今年は滑りやすい雪で最高だ。
c0242406_14323920.jpg
c0242406_1433678.jpg

正面に杓子岳が見えると大雪渓に合流する白馬尻だ。
c0242406_14332627.jpg
c0242406_14335397.jpg

白馬尻までおりたらあとは林間を発電所まで。そこには定宿「くらや」の主人が待っていてくれる
「くらや」の近くのの教会では、菊地哲男写真展が開催されている。スポーツの後は文化人となって写真展へ。
c0242406_14403823.jpg

落暉なことに菊地さんも居合わせ記念撮影を、大倉久直の双子のお孫さんも参加だ。
c0242406_1441583.jpg

[PR]



by muneryuu | 2012-10-23 14:53 | Comments(0)

10月15日 静かな秋の富士山を堪能

10月に入るともう富士山に登る人は少ない。しかしまだ雪のない秋の富士山は、静かできれいでお勧め。2週間後に南米アンデスのワイナポトシ6088mに昇るための高所順応目的で、富士宮口から一人で登った。この時期日本人は少なく出会ったのは10人位い、アメリカやヨーロッパからの外人が20人以上と多く、国際交流出来るのも楽しみのひとつだね。
富士山麓は紅葉が始まっているが、駐車場のある5合目も真っ盛り。
c0242406_10541651.jpg

c0242406_1056637.jpg

6合目までは紅葉も楽しめるが、草も枯れて彩りを。これも秋の富士山の特徴
c0242406_11314143.jpg

そこからは急な砂礫と火山岩の道の登りだ。
c0242406_1056205.jpg

c0242406_1133793.jpg

c0242406_10563575.jpg

トレーニングしすぎの為か、体が重くピッチが上がらないが4時間半で山頂に着いた。
c0242406_115753.jpg

1週間前に白馬に登って泊っているのに、頭痛があるとは。しかしそんなことでは粉雪病は務まらない。まずは当然ビールだ。
c0242406_1119496.jpg

ゆっくり高所順応も兼ねて山頂のお鉢めぐりを楽しむことに。
c0242406_11322020.jpg

目の前には南アルプス連山が
c0242406_1155822.jpg

富士吉田も足の下
c0242406_11213312.jpg

伊豆半島も。早朝だときれいなのに、午後遅いのでかすんでるね
c0242406_11335578.jpg

というわけで、3時半に下山を開始し、なんとか明るいうちに駐車場に
c0242406_11352059.jpg

c0242406_20293720.jpg

[PR]



by muneryuu | 2012-10-16 11:38 | Comments(0)

10月8日、縦走3日目。快晴の中白馬から栂池へ

昨日夜から満天の星となり、本日はさわやかな朝を迎えた。白馬山頂でご来光をと、白馬山荘を後にした。
c0242406_18173442.jpg

ちょうど山頂でご来光。いつも神々しい気持ちになる瞬間だ。
c0242406_18194116.jpg
c0242406_18201822.jpg

なんか人まで神々しくなるね。
c0242406_18205355.jpg
c0242406_18214933.jpg
c0242406_18213778.jpg

一応頂上で真面目に記念撮影だ
c0242406_18223747.jpg
c0242406_1823910.jpg

朝日にあたった白馬が、日本海上の白い雲に三角の陰になっている。ご来光の直後のこの瞬間しか見れないんだよ
c0242406_18265921.jpg

勤務の都合で足の速い笠谷と埜口は先行することに。
c0242406_18253352.jpg

c0242406_1833328.jpg

我々は景色を楽しみながらのんびりと
c0242406_1829094.jpg
c0242406_1828582.jpg

歩きやすい尾根道で、もう白馬はかなり後ろに
c0242406_18304662.jpg

さすが人気ナンバーワンの白馬だ。360度の展望を楽しみながらのんびり歩く。
c0242406_18345025.jpg
c0242406_18344830.jpg
c0242406_18354553.jpg

小蓮華岳を過ぎ船窪の頭まで来ると、右手に栂池から連なる広い斜面が。ここが、春スキーで毎年来ている金山沢だ。次のブログに載せるからね。
c0242406_18384087.jpg

するともう白馬大池が見えてくるんだ。快適な雲上の散歩道だよね。
c0242406_18412570.jpg
c0242406_18415856.jpg

白馬大池でのんびりお茶だ。気持ちいいでしょ
c0242406_18434320.jpg

大池を後に乗鞍岳への緩い登り。大きなケルンがよい目印に。
c0242406_18453069.jpg
c0242406_1846334.jpg

実は我々の後輩の遭難慰霊碑なんだ。悲しい思い出の場所でもあるんだよ。
c0242406_18484250.jpg

乗鞍から天狗への下りは紅葉のトンネル
c0242406_18501469.jpg
c0242406_18503215.jpg
c0242406_1851870.jpg

天狗原に着いたら栂池までは1時間の下り
c0242406_18533223.jpg

栂池の向こうには、3日かけて歩いてきた、八方、不帰、白馬鑓、杓子の稜線が。
c0242406_18553265.jpg

栂池には「くらや」のご主人が迎えに来てくれた。当然昼から、温泉に入り宴会。「くらや」で十分寝て、早朝快適に千葉に着いたというわけ。「くらや」さんありがとう。楽しい、紅葉の稜線歩きでした。
[PR]



by muneryuu | 2012-10-14 19:00 | Comments(0)

紅葉真っ盛りの白馬三山を縦走する 2日目 不帰を超えて白馬までの長時間縦走

10月7日。霧の中、唐松岳頂上山荘を出発
c0242406_12101760.jpg

頂上は霧の中だ。昨日の視界はない。
c0242406_12115367.jpg

これから難所の不帰に向かう
c0242406_12131376.jpg

なかなか幻想的だよね
c0242406_12214642.jpg

不帰3峰についたころには視界が開けてきた。
c0242406_12145599.jpg
c0242406_12152927.jpg
c0242406_1216684.jpg

いよいよ2峰北峰の下りだ。スリル満点、高度感あるよ。足場も鎖もしっかりしているけどね。
c0242406_12183632.jpg
c0242406_12193247.jpg

c0242406_1223947.jpg

c0242406_12262686.jpg
c0242406_12265623.jpg

やっと難所もぬけて
c0242406_12275479.jpg

c0242406_1228371.jpg

天狗の大登になるころから、雨に。
c0242406_14582892.jpg

雨もまた楽し!!雨が吹雪になっても大丈夫な装備で歩いているからね。
c0242406_1555394.jpg

天狗山荘はもう閉鎖。その軒先で、雨に打たれながらの昼食だ。
c0242406_1563364.jpg

ここから天狗岳、白馬鑓、杓子の上り下りを繰り返して、白馬頂上直下の白馬山荘まで。4時間。
c0242406_15135411.jpg
c0242406_15143019.jpg
c0242406_15145494.jpg

やっと白馬山荘についたぞ。!!乾燥室で雨具などを乾かし、宴会だ!
c0242406_15165723.jpg

豪華に個室でさらに宴会。
c0242406_1518135.jpg

心がけのせいか、夜には満天の星となった。
[PR]



by muneryuu | 2012-10-10 12:28 | Comments(0)

紅葉真っ盛りの白馬三山を縦走する 1日目

2012年10月6日 白馬八方尾根から唐松岳頂上山荘へ
 10月最初の3連休は北アルプスの3000mの山は紅葉真っ盛りとなる。運が良ければ初雪にも遭遇して、さらにきれいな紅葉になる場合や、運が悪ければ猛吹雪となって遭難が多発することもあるんだ。
今年の夏は、槍から大キレットを超えて前穂高まで縦走したので、秋も怖いコースシリーズで、3大キレットの一つである不帰を通るルートにしたのだ。天狗の小屋が開いていないので、唐松岳頂上山荘から不帰越えて白馬山荘までは10時間近い長丁場となる。
5 日深夜、我々は八方尾根咲花ゲレンデ前の定宿「くらや」に入った。温泉に入り、ゆっくり睡眠をとって、美味しい山菜づくしの朝食をゆっくりとった。ロープウエーとアルペンリフトで国民宿舎まで登り、3時間半の紅葉の道を楽しんで唐松山荘に向かった。
c0242406_14195426.jpg
c0242406_14202392.jpg

八方池は観光客で大賑わい。我々はさらに歩を進め紅葉のトンネルを丸山へ登って行く。みんな楽しそうだよね。
c0242406_14213426.jpg
c0242406_1422132.jpg

c0242406_1425193.jpg

丸山の基部にはまだ雪渓も残っている。万年雪だよ。
c0242406_14243060.jpg

丸山上部もこんなに紅葉が
c0242406_14273663.jpg

c0242406_15313016.jpg


c0242406_14295054.jpg

丸山に上がると、不帰の険がわずかに顔をのぞかせてお出迎え。
ここからは平らな道の尾根歩き。
c0242406_1431165.jpg

c0242406_14342319.jpg

そうこうしているうちに、唐松岳頂上山荘に到着。目の前に釼から立山の大パノラマが。昨年縦走したコースだ。
c0242406_1437084.jpg

当然。釼をバックに皆で記念撮影。
c0242406_1439386.jpg

c0242406_1447485.jpg
c0242406_14473144.jpg

小屋に荷物を置き、唐松岳まで15分で一登り。
c0242406_1440255.jpg

当然ビールだよね。
c0242406_14412644.jpg

c0242406_14421632.jpg

小屋に戻って、くつろいで。
c0242406_14432342.jpg

c0242406_14483317.jpg

豪華に個室を借りたんだよ。明日は白馬までの長い、少し怖い縦走だからね。
c0242406_14443519.jpg

[PR]



by muneryuu | 2012-10-09 14:53 | Comments(0)

一度かかると治らない難病。だけど楽しい嬉しい山スキー。
by muneryuu
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

お気に入りブログ

最新のコメント

先生、相変わらずステキな..
by おなぎです。 at 18:35
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 19:49
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の自己pr at 12:54
Hi! I know t..
by ゴルフショップ at 00:20
とても魅力的な記事でした..
by 趣味一覧 at 03:37
극우 일본보수주의자의 ..
by 연예인노출 at 02:23
山登りの後のお酒は格別お..
by keiko19633 at 20:52
こんばんは テレビでロシ..
by keiko19633 at 20:51
おかえりなさーい! す..
by ミホ at 01:01
無事に楽しめて良かったで..
by keiko1963 at 01:11

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2018年8月17日 旭山動..
at 2018-09-22 10:06
2018年8月25日 谷川岳..
at 2018-09-22 10:06
2018年7月13日 北海道..
at 2018-07-24 17:52
2018年6月1日右膝変形性..
at 2018-07-05 18:15
2018年4月7日、田中眞一..
at 2018-07-04 15:52

外部リンク

ファン

ブログジャンル