粉雪病集まれ

<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧




夏の北海道の名峰トムラウシ岳、雨の山も晴れた山も楽しむ

2015年7月31日。モンテローザから帰国後中2日で北海道帯広空港に飛んだ。空港からレンタカーを借りて一路トムラウシ温泉へ。宴会もそこそこに早く就寝し、3時起床、3時30分出発。暗い中駐車場に車を置いて登りだす」
c0242406_13143625.jpg

天候は雨、かなりの降りだ。
c0242406_1315321.jpg

ぬかるんだ急な斜面の道をひたすら登っていく
c0242406_131773.jpg
c0242406_13173744.jpg

千葉県がんセンター山の会のメンバーはマネージャーの高橋かよを先頭に、伊波晶子、松林恵子、唐澤直子、上條岳彦、鈴木英夫、竜 崇正の7名だ。
c0242406_1321840.jpg

カムイ天上といわれる尾根をひたすら2時間30分も上った後、登山道は尾根から離れて、コマドリ沢に向かっての下りだ。せっかっく登ったのに、がっかりするような泥んこ道の下りでコマドリ沢出合へ。
c0242406_1322575.jpg

コマドリ沢から前トム平ら目指しての沢筋の登り。
c0242406_13231978.jpg

沢を抜けると、ナキウサギが多く暮らす岩がごろごろ重なっている急な登りとなる
c0242406_13242297.jpg

1時間半の登りで前トム平に。高橋かよと松林恵子
c0242406_13251744.jpg

そこから左手に比較的緩くなった草原の道を登っていく
c0242406_13292395.jpg

ピークまで登ったらそこから下り、目の前には池塘や雪渓が点在するお花畑が。
トムラウシ公園だ。神様が住んでいるような気がする雲上の素敵な場所だ。
c0242406_14381182.jpg

c0242406_133135.jpg
c0242406_13311755.jpg
c0242406_14385627.jpg

ここから南沢のテント場までは、美しいが、かなり長い登り。
頂上が近づいた頃、雨がやんで急に晴れ間が
c0242406_14403195.jpg

頂上に着いたら晴れるとは、よほどの心がけだね
c0242406_14413037.jpg
c0242406_14415343.jpg

今登ってきたルートを振り返る、素晴らしいね
c0242406_14425917.jpg
c0242406_14431640.jpg

晴れたら下りは楽しいね。景色を楽しみのんびり下る。
c0242406_14452614.jpg

下る途中で頂上を振り返る
c0242406_1446496.jpg
c0242406_14462463.jpg

往復14時間の長いけど素晴らしい登山でした。
翌日はのんびり温泉に、牧場にと。元気な上条岳彦と唐澤直子は別の山に登りに行った。
竜はひざが痛くて、身体障碍者に逆戻りだ。
c0242406_1012211.jpg
c0242406_1015457.jpg

[PR]



by muneryuu | 2015-09-30 13:26 | Comments(0)

Mairaの谷Marmoraの昔の百姓家を改造したホテルOsteria Croce Bianca

イタリアとフランスの国境にある、ガイドのルカの生まれ故郷の谷のValle Mairaの標高2200mのMarmoraで宿泊したホテルOsteria Croce Biancaは素敵なホテルだった。
c0242406_1256589.jpg


c0242406_12572133.jpg
c0242406_12581872.jpg

談笑する大倉久直、ガイドの石坂博文、イタリア人ガイドのLuca
c0242406_11255493.jpg

朝食を摂る大倉久直
c0242406_11332141.jpg

お母さんと息子さんが経営している素敵な宿だ。我々がこの宿に泊まった初めての日本人とのことで、大歓待を受けた。
料理もワインも最高!
c0242406_1164669.jpg

c0242406_10515548.jpg

犬も出迎えてくれる重要なスタッフ
c0242406_1120357.jpg

c0242406_116881.jpg

c0242406_1172559.jpg

次はバックカントリースキーで訪問れたい宿だった。
c0242406_11261164.jpg

[PR]



by muneryuu | 2015-09-16 11:08 | Comments(0)

2015年7月26日マイラの谷Valle MairaのRocca la Meja 2840mに登る 

c0242406_167689.jpg

本格的な登山はこれで終了。明日から2日間は、日本人にはなじみが薄いが、冬に素晴らしい山スキーのスポットとなる、ルカの生まれ故郷の谷のValle MairaのMarmoraに滞在し、のんびりと山歩きをすることに。Aostaの谷を件、高速道路でトリノをすぎ、フランスとの国境に近い平野からMairaの谷に入り、標高2200mのMarmoraのホテルOsteria Croce Biancaに2泊することにした。
c0242406_1695231.jpg

田舎の昔の農家を改造した素晴らしい小さなホテルで、食事も美味しく大感激だ。このホテルで初めての日本人客だそうだ。気分も爽快でワインをボトル2本飲んだ。
c0242406_15551725.jpg

c0242406_15564968.jpg

c0242406_1557739.jpg

部屋はなかなか広く快適だ。
c0242406_17265738.jpg

7月25日 (土)晴れ
Miaraの谷を登っていく
c0242406_16122250.jpg

放牧されている牛が優先の道路だ
ルカが牛をなだめるようにして道を譲ってもらっている。
c0242406_16172065.jpg

ドライブすること1時間半、フランス都の国境にある峠に。この道はツール・ド・タリーの自転車レースが開かれる場所だ。
c0242406_1621552.jpg

車を置いて草原をのんびり歩き出す
c0242406_16214561.jpg

c0242406_16233299.jpg

目の前が目指すRocca la Meja 2840mだ。
c0242406_16221251.jpg

多くの岩登りのルートがあるが、我々は最も簡単な、ほぼ登山道となっているルートから頂上へ。落石の可能性があるのでヘルメットは着用だ、
c0242406_1631418.jpg

c0242406_16334773.jpg

頂上でのんびり
 日本から持参の日本酒「菊正」にいわしの干物、味噌汁など
c0242406_9455459.jpg

頂上は広く、雄大な眺めだ
c0242406_16322386.jpg

c0242406_959224.jpg

立山の100倍以上ある谷の広さで、冬は15mの積雪で山スキーのメッカとなり、夏には雪は完全になくなり、ハイキングや自転車で楽しむ場所になるようだ。
c0242406_1738640.jpg

下山も慎重に
c0242406_163657100.jpg

石灰岩の岩山なのでエーデルワイスがいたるところに
c0242406_17323371.jpg

下でのんびり
c0242406_16382955.jpg

c0242406_17274860.jpg

雄大なやmを満喫できたのんびりとした山歩きでした。この谷の粉雪を次は滑りたいね。
[PR]



by muneryuu | 2015-09-15 16:00 | Comments(0)

モンテローザ山群のカストールCastole4223mに登る

昨日の治療で膝の痛みも軽減したので今日から双子座にちなんだ山のカストールへ。カストールのさらにブライトホルン側にポルクスがある。
7月22日快晴。ホテルから1昨日と同じTschanvalの乗り場から、反対側のロープウエーで上の台地へ。そこからリフトに乗り換え2672mmの終点へ。そこからクインチーノ・セッラ小屋3585mへ向かう。11時発、最初は比較的緩い、歩きやすい道を登っていく/
カモシカが目の前を通り過ぎていく
c0242406_533016.jpg

c0242406_1623133.jpg

。そのうち比較的急な大きな岩が斜面に積み重なった道は細い岩稜となり、フィックスロープが張ってあり、整備されてはいるが、途中で小雨となり岩も濡れて滑り易くなってきたので慎重に歩を進める。
c0242406_16254757.jpg

、3時にクインチーノ セラ Quintino Sella小屋3585mへ到着した。膝の痛みは2割程度で、何とか歩けた。当然小屋で、ガイドの石坂さんやルカ、大倉さんと乾杯
c0242406_16272922.jpg

小屋からはモンテローザシグナルクッペが
c0242406_16285597.jpg

膝の痛みはあるが、ここまで来てあきらめるわけにはいかない。何が何でも登るぞと心に決めて、就寝した。7月23日、朝6時出発
c0242406_1631059.jpg

目の前には足に輝くモンブランが。やはりもう一度登りたい山だ。胸が締め付けられる
c0242406_16323576.jpg

c0242406_16344688.jpg

比較的緩い傾斜の斜面を1時間半暗い登って、右手のリッジにトラバースしていく。クレバスを乗り越え急な稜線を登っていく。
c0242406_17525262.jpg

c0242406_17303066.jpg

急だがトレースがきちんとできているので比較的安全だ。
c0242406_16361415.jpg

c0242406_16365476.jpg

急斜面を登ると比較的平らになり右にたどると、リスカムとリスカムの鼻の間のコルへ向かうルートになる。
そこからナイフリッジを慎重にカストール目指して登っていく。石坂ガイドとマンツーマンでロープで結ばれているので45年前の山にくるっていた頃のように高度感を楽しみながら一歩一歩登っていく。
c0242406_16424230.jpg

c0242406_16402431.jpg

ナイフリッジとなった稜線をいくつかのピークを登り下りしなが登っていく
11時半にCastorカストール頂上4223m着
c0242406_164713.jpg
c0242406_16474211.jpg

この満足そうな顔の竜、大倉、石坂ガイド
c0242406_16485372.jpg

周りに景色もすばらしい
c0242406_16494361.jpg

ポルクス側からはドイツ隊が登ってくる
c0242406_17311745.jpg

慎重に下残開始
c0242406_17331682.jpg
c0242406_1734123.jpg

足の痛みを克服しながら、登れたので本当にうれしい登山だった
c0242406_17353771.jpg

膝の痛みのあるので、小屋でもう一泊してゆっくり下山
c0242406_17413868.jpg

c0242406_17554977.jpg

c0242406_574873.jpg

[PR]



by muneryuu | 2015-09-12 16:49 | Comments(0)

Aosta郊外のCastle内のボナッテイ記念館を訪ねる

2015年7月21日 やっとのことでGressoneyの谷のLysjochホテルに戻ったが、昨日の
モンテローザの下りで、クレバスを飛び越えた際に,また右ひざを痛め、激痛で歩けない。
ガイドのLucaがAosta 市内の整形外科を予約した。Aostaはローマ帝国の初代皇帝のアウグストスが北の守りを強化するために開いた町で、その後サボイア侯国領となった、ローマ時代の遺跡が残る美しい街だ。
c0242406_8293196.jpg

診察が4時なので、それまでの時間をつぶすため、高速道路でAostaからトリノ方面に向かいGressoney手前の左手に見えるCastleの中にあるボナッテイ記念館に向かった。
c0242406_1032160.jpg

c0242406_1034259.jpg

Castle内は急なのでこのようにケーブルカーで上に登るんだ
c0242406_16312523.jpg

上から見下ろす景色も最高
c0242406_1633877.jpg

ボナッテイは、冬期マッ-ホルン北壁単独初登攀をした史上最も優れたクライマーだった。
ボナッテイの本からの彼のマッターホルン北壁冬期初とはんルートである
c0242406_1792527.jpg

c0242406_17163159.jpg

今は麓の町ツエルマットではこのようなマターホルンルート図が絵葉書で売られている。
赤い線がヘルンリ稜の一般ルート、白い線は北壁ルート、黄色い線がボナッテイの北壁ルートだ。
c0242406_12184061.jpg

ヒマラヤで最も困難とされるK2登山隊に参加したが、人間関係に傷つき、その後は世界中の文化や自然を紹介することがライフワークとなった。イタリアの美人女優のポデスタと結婚し、クルマイユールに山荘を所持していることから我々の友人のモンテサーノと親友となり、その縁で竜も大倉も友人となったのだ。
c0242406_8182138.jpg

ボナッテイの作品の写真集を買い求めた
c0242406_1710436.jpg

今は亡きボナッテイの作品を堪能して、このCastleを後にした
c0242406_16444147.jpg

その後訪れた整形外科で、血液交じりの膝関節液を30ml抜いてステロイドと局所麻酔剤を注入したら、あら不思議たちどころに痛みが消失し、歩けるようになった。これで明日は4200mのCastoleに登れるぞと、嬉しくなりホテルで祝杯を挙げたのは言うまでもない
[PR]



by muneryuu | 2015-09-09 16:52 | Comments(0)

一度かかると治らない難病。だけど楽しい嬉しい山スキー。
by muneryuu
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

お気に入りブログ

最新のコメント

先生、相変わらずステキな..
by おなぎです。 at 18:35
ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 19:49
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の自己pr at 12:54
Hi! I know t..
by ゴルフショップ at 00:20
とても魅力的な記事でした..
by 趣味一覧 at 03:37
극우 일본보수주의자의 ..
by 연예인노출 at 02:23
山登りの後のお酒は格別お..
by keiko19633 at 20:52
こんばんは テレビでロシ..
by keiko19633 at 20:51
おかえりなさーい! す..
by ミホ at 01:01
無事に楽しめて良かったで..
by keiko1963 at 01:11

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2018年8月17日 旭山動..
at 2018-09-22 10:06
2018年8月25日 谷川岳..
at 2018-09-22 10:06
2018年7月13日 北海道..
at 2018-07-24 17:52
2018年6月1日右膝変形性..
at 2018-07-05 18:15
2018年4月7日、田中眞一..
at 2018-07-04 15:52

外部リンク

ファン

ブログジャンル